データ復旧優良業者を比較すると

HDDやNAS、サーバー、SDカードなど様々なメディアのデータ復旧を請け負っている業者を比較紹介、その選び方やデータ障害・データ復元についての基礎知識を簡単に紹介します。最近はどんなデータも紙や写真などではなくデータで保存する時代、一度データ障害が起きてしまうと以前と比較して簡単に修復することは難しくなりました。そのため、大切なデータ復元はプロの手に任せ、確実にスピーディーに行わないといけませんね。iPhoneなどのデータも同様、プロの復元が可能です。

※参考サイト:データ復旧比較ガイド - データ復旧会社のクチコミ情報体験談多数

復元率・スピードにはこだわりたい

データ復元を依頼するのに大切なのは、やはり復元率ですね。もちろん、復元率はその業者で復元できると診断したメディアを復元できた確率であり、難しいデータ復旧作業をやっているかどうか、難しいデータ復旧作業をできるかどうかをそのまま表した数字ではありません。しかし、復元率が高いということはそれだけお客様から預かったメディアを大切に取扱い、正確な作業を実施できているという証でもあります。ですから、やはりデータ復元率が高い業者は信頼できますね。また、データ復元を急いでいる方もたくさんいらっしゃるでしょう。業者の場合は事業の運営に支障をきたしてしまうこともありますし、1日も早くデータ復旧作業にあたってほしいはずです。診断も即日に行ってくれる、重たいサーバーなどについては出張してその場で作業にあたってくれるといったスピーディーな作業を行ってくれるデータ復旧業者はやはり助かります。簡単なデータ復元であれば、最短即日という業者も多数です。

徹底比較!データ復旧会社ランキング

第1位アドバンスデザイン

アドバンスデザイン アドバンスデザイン 総合評価99点 公式サイトはこちら
お電話でのお問い合わせ:
0120-290-864
・平日9:00~18:30
・土曜9:00~17:30

価格 低料金、完全報酬制度
設備 クラス100クリーンルーム、レーザー顕微鏡など
技術 国内最大手のHDDメーカーであるBuffaloにデータ復元の技術提供を行っている
データ復旧実績 大手1000社以上のデータ復元に対応
対応メディア HDD、SSD、RAID、NAS、サーバー、SDカード、USBメモリなど
特徴

アドバンスデザインは、データ復旧のパイオニアとして業界トップクラスの技術力で高い信頼を得ています。1995年の創業以来、個人ユーザーや大手企業のメディア・システムなど様々なデータを復元してきました。
アメリカのHDD大手メーカーであるSeagate社との技術・業務提携を行っている他、国内最大手HDDメーカーのBUFFALOとも提携しBUFFALOが対応できないデータ復旧を請け負っているなど、技術力の高さが窺えます。
また、アドバンスデザインはデータ復旧業界の健全化を目指すDRAJに常任理事として加盟しており、数あるデータ復旧会社の中でも信頼がおける企業と言えます。

データ障害には「物理障害」と「論理障害」の2種類があります。「物理障害」の対応にはクラス100のクリーンルーム環境を完備し、大切なデータを修復しており、「論理障害」についても軽度~重度のものまで対応しています。
さらに、最高水準のセキュリティとして、国際規格ISO9001、ISO27001を取得し、データ復旧サービスの品質や、情報漏えい対策に対しても社内の管理体制を徹底しています。
できる限り便利にデータ復旧サービスを受けられるよう、全国4都市での窓口サービスに直接メディアを持ちこめる店舗を展開しているほか、診断・見積り後のキャンセルが無料であり、データを復元できなかった場合も料金は発生しません。低料金かつ完全成果報酬制度のため、ノーリスクで依頼できます。

アドバンスデザインPR


第2位A1データリカバリー

A1データリカバリー A1データリカバリー 総合評価98点 公式サイトはこちら

価格 成功報酬型 メモリーカード35,000円~など
設備 クリーンルーム
技術 元HDDの設計者など在籍でレベルの高いスタッフが揃う
データ復旧実績 50000件以上
対応メディア HDD、RAID、サーバー、NAS、SDカード、USBメモリなど
特徴 A1データリカバリーは軽度な論理障害から重度物理障害まで対応可能、軽度な障害についてはリモートサービスを利用して自宅にいたままデータ復旧してくれるデータリカバリーも行っています。もちろん重度物理障害についてもラボで専門的に解決してくれます。障害メディアのデータ復元はもちろん、アプリケーションデータの復元なども幅広く手掛けているのもA1データリカバリーの特徴でしょう。古いバージョンのファイルも復旧可能です。

第3位Buffalo

Buffalo Buffalo 総合評価96点 公式サイトはこちら

価格 固定料金制、保証期間内なら無償対応
設備 国内3拠点にデータ復旧センター
技術 データ復旧サービスの大手と提携し、より高度な復旧作業が行われる
データ復旧実績 官公庁・法人などからも多数の依頼あり
対応メディア HDD、NAS、SDカード、CFカード、光メディア、USBメモリなど
特徴 バッファローは外付けHDDの大手メーカーとして知られ、2017年5月よりデータ復旧サービスに参入しています。重度の障害に関しては、グループ会社であるアドバンスデザイン株式会社のクリーンルームにて高度な復旧作業が行われるなど、データ復元から消去、故障機器の廃棄までをすべて自社で完結できるのが強みです。料金は障害レベルに応じて設定されており、あらかじめ固定料金が提示されるため、復旧作業後に追加料金が発生するような心配がありません。

どんなメディアも諦めないでください

私たちの手に負えない故障メディアであっても、プロの手によってデータを吸い出すことができることも多々あります。また、メディアの種類も問いません。ハードディスクにRAID、NAS、サーバー、ポータブルメディア、スマートフォンやタブレットなど電子データが入っているものであればどんなメディアもプロのデータ復旧業者の取り扱い対象になります。OSもWindows、Mac、Linuxなど問わず復元することができます。メディアの故障にもいろいろありますが、私たちが対処できるのはせいぜいデータ復元ソフトで対応可能な程度のデータ障害まででしょう。プロによって復元できるのは断線してしまったパソコンのハードディスク、水没させてしまったメディア、磁気ヘッダが正常に読み取れないメディアなどかなり広範囲に及びます。全くアクセスできないレベルのメディアであっても、場合によっては復元できる場合があるので諦めずにまずはプロのスタッフに診断してもらいましょう。

ページトップへ

コンテンツ一覧

ここなら大丈夫!プロが教える優良データ復旧会社

データ復旧で後悔しないための知識を身につけましょう

自分でデータ復元を行うのが難しい方はデータ復旧会社に依頼しましょう

サイトマップ