データレスキューセンターのHDDデータ復旧実績と事例まとめ

データレスキューセンターのHDDデータ復旧実績と事例まとめ

日本でもトップクラスのシェア率と実績を持つデータ復旧業者「データレスキューセンター」。あらゆるトラブルが原因で失ったデータの復旧実績が豊富で、多くの方から信頼を集めている復旧業者です。

どれだけのデータを復旧できるのかをリストアップし、依頼前に自分の目で確認してもらうといった高品質なサービスの提供を行っています。とはいえ、サービスを利用したことのない人にとっては、「本当に安心して依頼できるの?」という不安があるのではないでしょうか?

そこで、今回はそんなデータレスキューセンターのHDDデータ復旧実績と実例についてご紹介していきます。データトラブルで困っている方、依頼するデータ復旧業者をお探しの方は、ぜひ参考にして復旧依頼を検討してみてください。

トラブル別!データレスキューセンターの実績・事例

トラブル別!データレスキューセンターの実績・事例

依頼するデータ復旧業者を探すとき、多くの方はインターネットを使って検索しているのではないでしょうか?しかし、ネット上で公開されている情報は必ずしも正しいものというばかりではないので、情報を信じて依頼してもデータが戻ってこなかったというケースもあります。

そこで、ここではデータレスキューセンターのこれまでのHDDデータ復旧実績と事例について、わかりやすくトラブル別にまとめてみました。それでは、どのような実績や実例があるのかを一つひとつ見ていきましょう。

正常にPCが起動しない

さまざまなデータの保管場所となるHDDにトラブルが発生すると、パソコンの電源を入れても起動しないということがあります。データレスキューセンターでは、パソコン本体から焦げた臭いが発生して画面が消える、OSが起動できない、ブルーバックスクリーンが表示されたままフリーズするといったトラブルに対応しています。

結果として物理障害や論理障害、またはその両方が発生しているなどの原因が判明しましたが、どの症状に対しても復旧処置を施すことでデータ復旧に成功しているといった実績を持っています。

外付けHDDを接続するとフォーマットを促される

本来であればパソコンに接するだけで認識される外付けHDD。しかし、接続するとコンピューター上では認識されているものの、フォーマットを促すメッセージが表示され実質認識されていないといったトラブルにも対応しています。

この場合の結果として、物理障害と論理障害が発生している状態であることが判明しましたが、復旧処置を施すことでデータ復旧に成功しています。外付けHDDは大切なデータンの保管場所として利用されることが多いので、このような実績を持つ業者であれば安心して依頼できるのではないでしょうか?

気が付いたらデータが消えていた

誤ってデータを消去した後、ごみ箱の中身も空にしてしまったため復旧してほしいという依頼に対応しています。データトラブルで最も多いと言われるデータ消失の多くは、誤作動によるものが多いと言われています。

結果として、データ消去後に別のデータが上書きされていましたが、復旧処置に加えファイルのヘッダー情報を元にした復旧を行うことで、失った複数のデータを復旧することに成功しています。

PCからカチカチと音が鳴る

パソコンを起動すると普段なら聞こえないはずのカチカチという異音が発生し、それから起動しなくなったというトラブルにも対応しています。ちなみに、この症状はHDDの物理的な破損によって現れる症状の1つとして知られています。

結果として、内部のヘッド障害によってディスク面が破損しているといった状態でしたが、物理的な復旧処置を施すことで9万ファイル以上ものデータ復旧に成功しています。この場合は全てのデータを復旧することができなかったようですが、機器の状態や症状によってはプロに依頼したとしてもこのようなケースもあります。

水没による動作不良

豪雨や震災といった自然災害による水没によって正常に起動しなくなったデータ復旧依頼にも対応しています。HDDは精密機器なので、衝撃が加わったり水没させたりしてしまうと、動作不良を起こしてしまいます。

結果として、浸水による機器が腐食していたため復旧作業は難航したものの、適切な復旧処置を施すことでデータ復旧に成功しています。この際の復旧成功率は90%以上だったという結果が出ており、高い復旧技術を持つ業者であるという信頼が持てると言えるでしょう。

データレスキューセンターの特徴

データレスキューセンターの特徴

これまでにご紹介した内容から、「これだけの実績・実例があるなら依頼したい」と考えた方はいませんか?症状別にあらゆるトラブルに対応しつつ、復旧に成功している実績があるので、データトラブルで困った際にはサービスを利用してみたいと思う方は多いでしょう。

しかし、依頼するのであればその業者がどのようなサービスを提供しているのかも知っておきたいもの。そこで、ここではデータレスキューセンターの特徴についてまとめてみました。

依頼前の初期調査が無料

データ復旧を依頼する場合、どのような症状や障害が発生しているのかという初期調査を行います。データレスキューセンターではこの初期調査を無料で行っているので、データトラブルでお困りの際は気軽に相談できるので、実際の費用と予算を確認してからの依頼が可能。

復旧できるデータをリストアップしてくれる

データレスキューセンターでは初期診断後に見積りだけでなく、復旧可能なデータをリストアップしてくれるサービスを提供しています。復旧可能なデータを目で見て確認することができるので、依頼後に目的のデータが復旧されていないという心配がありません。

最大48時間以内に結果報告を受けられる

初期調査から結果が出るまでの期間は復旧業者によって異なりますが、データレスキューセンターでは最短6時間以内、最大でも48時間以内には結果報告を行っています。急ぎで必要なデータの復旧を依頼している方でも早めに結果報告を受けることができるのは嬉しいですよね。

急なトラブルでもすぐに相談・依頼ができる

データレスキューセンターは年末年始を除き、年中無休でサービスを提供しています。相談や依頼の受付は平日・祝日は8時~21時、土日は9時~19時となっています。また、すでに初期診断を依頼している場合は、曜日を問わず結果報告を行っています。

セキュリティ体制も万全だから安心

初期診断やデータ復旧を依頼する場合、データが保存されたメディアを業者に預けなければなりません。そのため、情報漏洩の不安から依頼を悩む方は多いと思いますが、プライバシーマークの取得や国家規格のセキュリティを取得しているので、安心してメディアをアづけることができるのも大きな特徴の1つです。

低価格で重度の障害レベルに対応

データ復旧にかかる費用は障害レベルによって異なり、重度のものになると高額な費用が必要になることが多いです。しかし、データレスキューセンターではそんな重度の障害レベルが発生しているHDDへの対応も低価格で行っているので、予算的に他社での依頼が難しいと感じた方は、一度相談してみる価値はあると言えるでしょう。

トラブルで困っているならまずは初期診断を!

データレスキューセンターは豊富なデータ復旧の実績を持ち、あらゆるトラブルでのデータ復旧に成功している事例も多いです。そのため、大切なデータを取り戻したい方にはおすすめのデータ復旧業者だと言えるでしょう。無料で診断してくれるだけでなく復旧可能なデータもリストアップしてくれるので、データトラブルで困っている方は一度初期診断を依頼してみてはいかがでしょうか?

ページトップへ

コンテンツ一覧

ここなら大丈夫!プロが教える優良データ復旧会社

データ復旧で後悔しないための知識を身につけましょう

自分でデータ復元を行うのが難しい方はデータ復旧会社に依頼しましょう

サイトマップ